3年以上前に投稿された記事です。

あとで読むサービスに送っといても、結局忘れてしまうことがよくあって、思い出した頃には割ともうどうでもよくなっているという。そんなことありませんか?あるよね?あるさ!僕はね!

必要な準備

仕組みは簡単です。このアプリを使って、タイマーで指定の時間に[あとで読む]アプリを開く。そんだけ。

Launch Center Pro
仕事効率化, ユーティリティ¥360

[あとで読む]サービスはこの辺がやはり有名ですね。

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Instapaper
ニュース, 仕事効率化無料iOSユニバーサル

今回は【Instapaper】を使ってみます。

設定方法

【Launch Center】を起動し、Edit→Add New Launch… と進む。

【Launch Website/App】を選択。

※2012/2/12追記:最新バージョンでは【Launch Website/App】が、【Launch Website】と【Launch Apps】に分かれています。

【Launch Apps】→【Instapaper】を選択することで、下記のURL(URLスキーム)は自動的に入力されます。

IMG_4445.PNG

 

Titleは何でもいいけどせっかくなんで [読まなければならない]にでもしようっと。

URLには  instapaper://  を入力。ちなみに、【Read It Later】の場合は  readitlater://

 

IMG_4446.PNG

 

入力が終わったら、右にスワイプして読めそうな時間にタイマーをセットする。今回はテストなんで1分後。

リピートはEveryday上等で。

IMG_4447.PNG

 

時間になったよ!そしたらタイマーが発動!読まなければならないとか言われた!これはすごい強迫観念!仕方がないので下のロックを外すよ(’表示’となってる)

IMG_4448.PNG

Instapaperが表示されたー!

IMG_4443.PNG

これなら否が応でも思い出さざるを得ない。そして読まざるを得ない。意外と有効かも?ぜひお試しを!それでは!