先ほど、なんかの拍子にデスクトップフォルダがゴミ箱入りし、元に戻せなくなりました。とても困りました。

なぜこうなった

確か、Illustratorだかのファイルを保存する際に、保存先を選ぶウィンドウで、デスクトップを指定するために、command + shift + D(デスクトップフォルダに移動するホットキー)をお見舞いして、そのまま保存!するつもりだったんだけど、まさにその瞬間、同僚に話しかけられたもんで、急いであわわあわわやってそのまま離席。

戻ってきたら、なんか保存先選択画面にゴミ箱が出てました。デスクトップ入ってました。

つまり、具体的な原因は分からないのであります。

デスクトップフォルダってなんぞ?

デスクトップフォルダが分からない方のために。説明しよう、デスクトップフォルダとは、俗にいう「デスクトップ」 ― そう、あなたのMacの画面にアイコンが127個ぐらい並んでいる、まさにそれであります ― の本体というべきフォルダなのであります。

デスクトップの実体はひとつのフォルダであり、そのフォルダと、いわゆるデスクトップは連動していて、デスクトップに置いたものは、実際にはデスクトップフォルダに保存されているというあんばい。もちろん、デスクトップフォルダ内のファイルを削除すれば、デスクトップに表示されているファイルも削除される。

ちなみに、デスクトップフォルダは

/Users/[あなたの名前]/Desktop

にあります。Finderがアクティブな状態でcommand + shift + DでデスクトップフォルダをFinderで開くことができます。

ゴミ箱入りしたデスクトップフォルダが動かせない

ゴミ箱に捨てたファイルやフォルダは、「元の場所に戻す」機能があります。間違えて捨てたファイルをもとの場所に復旧できるわけです。ゴミ箱内のアイテムを副クリックして、「戻す」を選ぶことで戻せるんですが、Desktopフォルダを戻そうとしたところ、

「このフォルダはOSXに必要なフォルダなので変更できません」

みたいなアラートが出て、戻せませんでした。ならば、新たに作ってやろうじゃないか、デスクトップフォルダをよ!と意気込んで、

mkdir ~/Desktop

してやったところ、今度は、そのフォルダは既に存在していると怒られたではないか。Finder開いてみると、ありました。デスクトップフォルダ。でも、ゴミ箱にもあります。

デスクトップフォルダは、勝手に、新たに、元の場所に生成されていた。しかし。

おそらく、自動的にフォルダが復旧されたのではないでしょうか。ほっと一息しようと思ったけど、よく見たら、新しくできていたデスクトップフォルダの中身は、空。デスクトップ上に表示されているファイルは、ゴミ箱に入ってる方のファイルではないか。

こうなったら、試しに、空の新しいデスクトップフォルダにてけとーなファイルを作成する。

touch ~/Desktop/kaitokun

ゴミ箱の中身に加え、デスクトップにカイト君出ました。なんぞこれ。よく分からんが、このままにしとくわけにもいくまい。何とかしないと。

最強の解決策

この必殺技で、いったいどれだけの人を救ってきたことだろう。しかし、自分のこととなるとなかなか思いつかないのです。再起動したら、元に戻りました。

まとめ。再起動しましょう

というわけで、以上です。今、頭の中は新しいMacBookでいっぱいなわけです。昔から、新しいマシンを買おうと思った途端、メインマシンが壊れるというジンクスがあります。嫉妬でしょうか。こだまでしょうか。とにかく直って良かったです。まだまだ現役で活躍してもらうのですから。ではまた!