こんちわ。Macのアプリ内で、ファイルを選択する時に出てくるダイアログ。カーソルでポチポチやっていくのはなかなか面倒であります。そこで!このダイアログ内でも移動のキーボードショートカットが使えるの、知ってましたか?

ファイル選択ダイアログってなんぞ?

アプリを開いた時とか保存する時なんかに、ファイルを選択してくださいっていう感じで出てくるやつです。

こんなやつとか

ss

こんなやつ

ss 1

移動ショートカットキー?

Finder上で「デスクトップ」「ダウンロード」「アプリケーション」などのフォルダに、キーボードショートカットを使って移動できます。マウスカーソルでポチポチやらなくても一発で移動できるのでおすすめ。下に、これだけは覚えとけっていうものを挙げてみました。

おすすめの移動ショートカットキー

デスクトップ(Desktop) command + shift + D
ダウンロード(Downloads) command + option + L
ホーム(自分の名前フォルダ) command + shift + H
書類(Documents) command + shift + O
アプリケーション command + shift + A
AirDrop command + shift + R
iCloud Drive command + shift + I

ちなみに、Finder > 移動でも実行できますよ。ショートカットキーも表示されてるので、忘れた時の確認もここでできます。

ss 1

選択ダイアログで移動ショートカットキーを使う

では実践。例えばNumbersでなんかファイルを作成。まだファイルをを保存してない状態。

ss

ここでファイル > 保存 または command + Sでファイルを保存するダイアログを出します。

ss 4

今、保存場所が「Numbers – iCloud」ってなってますね。このまま保存すると、iCloud DriveのNumbersフォルダに保存されます。でも今はとりあえずデスクトップに保存したい!って時は、ここでcommand + shift + D

ss 3

保存場所が「Desktop(デスクトップ)」になりました。マウスカーソルを使ってポチポチデスクトップフォルダを選ばなくても、これで指定できるってわけです。うーん。マンダム!あとは前をつけて保存を押せば、デスクトップにファイルが保存されますよ。

以上、便利な移動ショートカット。選択ダイアログでも使えるとゆーお話でした!さようなら!