3年以上前に投稿された記事です。

こんちにわ。MacBook Airが好きすぎてそろそろ友達がいなくなりそうな人です。今日は、そんなキャプテン翼くんでいうところのボール的存在であるMacBook Airに入れてて、とりわけ「Macっぽいなー」と感じるアプリをいくつか紹介です。何をもってMacっぽいかは、察してください。独断と偏見にまみれてるっす。要は。

Caffeinated 1.1.1

美しきRSSリーダー。最近Reederからこちらに浮気気味。機能的にも文句なし、そもそもこのアイコンのこだわりようは何だ。

※なくなってしまわれました

Favs 1.0.2

例えばTwitterのFavやGoogleReaderのスター付きなど、さまざまなソーシャルメディアやRSSのお気に入りを集めて表示してくれる、イカしたやつ。ベータ版使ってたけど、最近ようやく製品化したので即買いした!

これのおかげで、TwitterのFavなどをEvernoteに自動保存させてたのやめました。これ一つで充分。

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Pages

Apple純正書類作成アプリ。最近やたらはまっている。
俗にいうMS Word的なもの。非常にセンスのよいテンプレートが盛りだくさんだったりもする。メリケンだけど。

機能も洗練されていて、非常に使いやすい。なんだろう、使ってみないとわからないかもしれない。この心地よさ。あとさ、某ordに比べてこの値段。おまけにiPhone/iPadでも作成・編集できる上にiCloud同期と来たらもう、あとは分かるな?

そのうちPages記事も書くつもりでいるよ。

Pages
仕事効率化, ビジネス無料

Byword

美しいテキストエディタ。文章を書くことにのみ全神経をつぎ込むためのUI、そして機能が満載な、精神と時の部屋アプリ。iPhoneやiPad版とiCloud同期もできるイケメン。

Byword
仕事効率化, ユーティリティ¥1,300

Fantastical

キーボードショートカットでソッコー呼び出してさくっとカレンダーに予定登録するための僕のマストアイテム。

当然iCalやGoogleカレンダーとも同期できる。デザインも美しい。これがインストールされたMacBook Air。一体どこに不満があろうか、いやない。

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Day One

要は日記アプリのようなもの。設定した時間に自動的にメニューバーからポヨンと書き込み窓が出てきたりもする。デザインもかわいすぎて毎日書きたくなるだろうそうだろう。

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Instant: ポラロイドメーカー

アプリ名とアイコンから想像される通りのものだよ!まさに。たったコーヒー一杯分でこんなシャレオツアプリも君のもの。

Instant: ポラロイドメーカー
写真, グラフィック&デザイン¥600

Twitter

公式Twitterクライアント。iOS版もそうだが、基本的にTwitterクライアントは公式が優秀。もちろんGrowlにも対応してるよ。

Twitterクライアントはシンプルなものしか好まない僕にはうってつけ。やたらMacっぽさを感じさせる、名アプリ。

Twitter
ニュース, ソーシャルネットワーキング無料

Growl 1.3.3

iPhone/iPadで言うところの通知センター。むしろ標準機能として統合されてもおかしくないレベルで必須。通知窓のデザインもたくさんのスキンが用意されてるし、カスタマイズも可能。

Growl
仕事効率化, ユーティリティ¥480

Coda

Macな開発ツール。僕の仕事道具の中でも最も欠かせない存在。コスパ高杉の至高のアプリ。プラグインも充実。

Coda

Transmit

Codaと同じPanic社プレゼンツのFTP + SFTP + WebDAV + Amazon S3 ファイル転送クライアント。アイコンがシャレオツなのもさることながら、「ドロップレット」を使うと、アイコンにファイルをドラッグするだけでWebDAVにアップロードできたりする。ちょっとばかり無敵すぎる。

リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

Safari,iPhoto,iMovie,GarageBand,iTunes,Keynote,Numbers,and more…

全てのApple純正アプリがMac。全ての素晴らしさをここで伝えきることなんてできるわけもなく、また僕自身すべて実感できてるわけでもなかとです。日々新しい発見とともに、Macを楽しんでいますよ。

Macの素晴らしさは、触ってはじめて分かるものと思います。この手触りの良さをぜひひとりでも多くの方に体験してもらいたいと思います。そんじゃまた!