Evernoteの代替は標準メモアプリ

Notes

Evernote、同期端末2台まで?なんぞそれ。ということで、一層Evernote離れが起こりそうな予感がもんもんしてきました。

僕は以前、Springpadなるものを使っていました。その後、サービス終了もあってEvernoteへ移行。そして今また同期端末数制限を目の前にして悩ましい状況となってきました。はい。

今までブックマークサービスなどもさまざま使ってきましたが、サービス終了などで結局使えなくなっちゃうですよね。振り回されるんですよ。結果Safariのブックマークに戻るという。

ノート・メモ系アプリについても、今また標準アプリに戻ろうかという岐路に立っています。Mac/iOSを使う限りなくなりませんから。以前、Evernoteのノートを断捨離する記事なんかも書きましたが、今度はEvernoteそのものを断捨離しなければならないかもしれません。

僕的理想のメモ・ノートアプリとは

  • ノートブック(フォルダ)分類ができる
  • 検索できる
  • 画像が貼れる
  • あらゆるデバイスで同期する
  • シンプル
  • 軽い
  • かっこいい

こんなところではないでしょうか。極力シンプルでよい。

Evernoteは、これらを満たす素晴らしいサービスではありましたが、段々と謎の機能やらが追加され、UI(特にモバイル)もゴテゴテしてきて、逆に無料でできることは制限されてきてしまいました。そこで白羽の矢が立ったのがMac/iOS標準のメモアプリ。

標準メモアプリのいいところ

純正である

純正であること。それだけで大きなアドバンテージであります。あらかじめインストールされている。サービス終了や無料ユーザー使用制限の心配もまずないでしょう。

フォルダ分けができる

過去に、Evernote系のブログでフォルダに連番つけてあれこれというハックなどたくさん紹介されていましたが、僕はそこまで細かく分類しないです。細かく分類しすぎないことこそがハックであります。

検索ができる

当たり前の機能と言えばそうかもしれませんが。でも必要条件の最初のひとつとも言えます。

画像が貼れる

例えばプリンタのインクのパッケージ。写真撮ってメモに貼っておけば買いたい時にいつでも見て思い出すことができます。

あらゆるAppleデバイスで同期

はるか昔。iCalのデータをiPod(Classic)にどうにか同期できないかなど死ぬほど四苦八苦していた時代が懐かしいです。今は全てのデバイスで勝手に同期するなんて当たり前の時代になってしまいました。台数制限?知りません。

シンプルである

僕はメモに「タイトル」という属性は不要と考えます。一行目はタイトル、一行空けて3行目から本文、などと自分で決まり作っとけばいいだけのこと。

タグも、必要ならその文字列をメモに含ませておけば検索にかかりますからなくてもよい。

メモアプリにはタイトルもタグもありません。こういったシンプルさも◯。

軽い

軽くてなんぼだと思います。

標準メモアプリのよくないところ

アイコン。謎のスキューモーフィズム(紙の質感デザイン)。それでいていわゆるスマートフォンの操作感だったりするんで、ちぐはぐさが山崎まさよし風に言うとイナメナイ。普通にスマートフォンライクなUIでいいと思います。UIさえクリアされれば、パーフェクトなメモアプリとなることでしょう。iOS10での変更に期待。

さて以上です。いずれは使いこなし編なんかも書ければいいなと思います。それでは。