これより、iPhone X 開封の儀を執り行う。

※レビュー書きましたのでご覧ください。

化粧箱はいつものスタイル。

iPodあたりから始まった、Appleの象徴とも言えるミニマルなデザイン。

イヤフォンはAirPods?

だがケーブルありのLightning EarPods。AirPods風の演出でした。

シールひっぺがしー

ほぼブラックに見えるスペースグレイ。背面はガラスで、あの最も美しいiPhoneと言われるiPhone 4を彷彿とさせます。

背面のデュアルカメラ。

特筆すべきは、側面の質感。メタルスライムっぽい。写真だとシルバーに見えるけど黒いです。

とりあえずバックアップから復元を試みる。

こんちゃっすー

Touch IDの代わりにFace IDの設定になってました。

復元中。

True Toneはもちろんオン。

iPhone Xで変更された操作についての説明がいくつか。

復元が完了!

ノッチ部分はこんな感じ。左に時刻と位置情報マーク、右に電波強度、接続、バッテリーのアイコン。

というわけで、以上iPhone X開封の儀でした。ちょっと使ってまたレビューしたいと思います。それではまた。