Mac ログインする度に「Macを設定中」が表示される時の解決法

おそらくOSをHigh Sierraにアップデートした後からですが、Macでログインをする度に「Macを設定中」が表示されるようになりました。いただけないので、Google先生を頼りに解決しました。備忘録を兼ねて残しておきます。

症状

MacBook Pro Early 2015 High Sierraにて確認した症状。

ほぼ前文のとおりですが、ログインをする度、ユーザーパスワードを入れた後に「Macを設定中…」というウインドウ↓が表示されるようになりました。

それと同時に、ログインする度にDockにいくつかのアイコンが復活する症状も発症。こちらも解決しましたので、同症状の方は←のリンクよりご覧ください。

というわけで、解決法。

解決手順

「loginwindow.plist」を削除する

どうやら「~/Library/Preferences/loginwindow.plist」が原因となっている模様。というわけで、削除(三上)。

DockのFinderアイコン(青い顔)をクリックしてから command + shift + G

こんなダイアログ↓が表示されたら、

以下の文字列をコピペして「移動」をクリック。この時、「Library」が「ライブラリ」に変換されるかもしれませんが、お構いなしに「移動」。

~/Library/Preferences/

Finderウインドウが開いたら、「loginwindow.plist」を見つけてゴミ箱に捨てるかなんかで削除します。

ターミナルがお好みの場合は↓

rm ~/Library/Preferences/loginwindow.plist

再起動する

command + Q でターミナルを終了し、Macを再起動します。

ログインパスワードを入力すると。

ゲェーッ!また「Macを設定中」が表示された!!

とお思いの方。ご心配なく。さっき「loginwindow.plist」を消したので、これは正しい挙動です。この時、「loginwindow.plist」の正しいヤツが、新たに、自動で作成されます。

気になる方は、前述の方法でloginwindow.plistがあるか確認してみてください。

もう一度再起動して直ったか確認する

というわけで、もう一度Macを再起動。今度は出ないと思います。出なければ、無事解決!お疲れさまでした。

ちなみに

冒頭でも書きましたが、この症状と同時に、Dockのアイコンが復活する現象も起こりました。同じ症状が起こった方は、こちらの記事をご覧ください。

さらに言うと、この作業を行っている時だと思うんですが、今度はログイン画面が英語表記になってしましました。というわけで、それの解決法も別記事にて書きましたので、ご覧ください。

参考文献