Mac Alfredの検索結果がおかしくなったらやってみること

ある日から、Alfredの検索結果がなんかおかしいと感じるように。なので、解決策を実施。

まずはAlfred環境設定を起動。Alfredにalfredと打ち込むとAlfred環境設定が開けます。

「Advanced」アイコンをクリックし、 「Files/Apps:」のところにある「Clear Application Cache」をクリック。

すぐに処理が終わるので、次は隣の「Rebuild macOS Metadata」をクリック。すると、こんなダイアログが出ます。

こんなことが書いてあります。

This action will open a Terminal window and run a low level script command to rebuild your macOS metadata index. This will also require you to type in your administrator password.

この操作により、ターミナルウィンドウが開き、低レベル(?)のスクリプトコマンドが実行され、MacOSメタデータインデックスが再構築されます。 また、管理者パスワードを入力する必要があります。

赤い文字の方はこう。

Note: Reindexing can tale over an hour, and during this time, Alfred and Spotlight won’t be able to find all of your files.

注:インデックスの再作成は1時間以上かかることがあります。この間AlfredとSpotlightはすべてのファイルを見つけることができません。

もうひとつ。

Performs the most complete reindex.

完全なインデックス再構築を行います。

というわけで、せっかくやるなら「Delete /.Spotlight-V100」にチェックを入れてから「Rebuild」。

ターミナルが起動して、なんか言われたら enter とか管理者パスワードとか入力しながら進めます。

「プロセスが完了しました」と表示されたらOK。ターミナルは閉じちゃってOK。

インデックス構築が完了して正常に使えるようになるまでに1時間以上かかるとのことなので、待ちましょう。2時間くらい経つと大体終わってると思います。

最初、上記英文を読まずにすぐにAlfredを実行して「完全におわた\(^o^)/」と早合点しました。よく読んで、即時Macを破壊するのはやめましょう。

それではまた。