最高のiPhoneトイカメラアプリ【Hipstamatic】が225にバージョンアップ!新しいパック[Wicker Park Hipsta Pak]が追加

0054
3年以上前に投稿された記事です。

私のiPhoneアプリのうち半数以上を占めると思われる画像系アプリのうち、最もお気に入りで、最も使用頻度の高いと思われる、iPhoneトイカメラの決定版【Hipstamatic】が225にバージョンアップしました。大きな変更は[Wicker Park HipstaPak]という新しいレンズ・フラッシュ・ケースのパックが追加されたことと、物理フラッシュの使用が可能になったことです。

Hipstamaticの簡単な紹介

そのうち詳細なレビューを書きたいと思っていますが、今回は簡単に紹介したいと思います。

Hipstamatic カメラ
写真/ビデオ, ユーティリティ¥400iOSユニバーサル
App Store

【Hipstamatic】はおよそ30年前にほんの200台ほど生産された、実物のトイカメラ【Hipstamatic】を元に作られた、iPhoneを本物のトイカメラのようにしてしまう、正方形画像のカメラアプリです。レンズやフィルム、フラッシュの部品を付け替えることでいろいろな趣の画像を簡単に撮影することができます。またTwitter、Facebook、Tumblrなどに簡単に共有することもできます。

上のスクリーンショットからだけでも、楽しさが伝わって来ますね。コーヒー1杯を我慢するだけで【Hipstamatic】の楽しさを手に入れることができます。

新しいパック[Wicker Park HipstaPak]

早速¥85で購入してみました。

購入が完了すると、[MINE]のラベルが付きます。これでゲット完了。パックは以下の3点パックです。

  • Lucas AB2 Lens
  • Jolly Rainbo 2X Flash
  • Damen Camera Case

ためしに、このセットを使って撮影してみました〜。

表↓

裏↓

今回のアップグレードの大きな変更のひとつとして、iPhoneの物理フラッシュを使えるようになったことです。

ファインダーの下にあるスライドボタンを1めもり分動かして離すと、Hipstamaticのソフトフラッシュ(アプリで設定したフラッシュフィルターが適用される)が、一番左までスライドして離すと、iPhoneについているハード側のフラッシュとアプリ内のソフトフラッシュが両方適用されます。

Lucas AB2 Lens、Jolly Rainbo 2X Flashを使って実際に撮影した画像↓

ちなみに、フィルムはBlankoを使用しています。1枚目がフラッシュなし、2枚目がJolly Rainbo 2X Flash(ソフトフラッシュ)あり、3枚目がハードフラッシュありです。

写真の腕前に関しては、寛容な心で受け入れてあげてくださいorz

また、単なる趣味レベルですが、Hipstamaticで撮影した画像をTumblrに投稿したりしてますので、お暇で奇特な方はぜひご覧くださいませ。