iPhone/iPadヘビーユーザーの僕がそれぞれ16GBのモデルで充分やっていけてる理由

3年以上前に投稿された記事です。

iPhone,iPadともに16GBモデルを使っています。僕がiPhone 中毒者だと知る友人たちには[それで足りるの?]なんてよく言われますが、今のところ充分に足りていて、また割と余裕を持って使えています。成果物や画像・動画・音楽はMacとクラウドに保存する、不要なアプリは削除する、その2点さえ気にしていれば、16GBは決して少ない容量ではないんです。

オンラインストレージを使う

基本ですが、クラウド上にあるストレージ(保存領域)サービスを大いに使いましょう。

参考:計130GB以上の無料クラウドストレージでiPhone/iPadの容量を節約しよう

動画・音楽は【minus】で

10GB無料のオンラインストレージ。これだけで既にiPhoneが26GBになったも同然。

Minus(10GB無料)←ここから登録で+1GBボーナスがゲッツ(坂野)できますので、よろしければどうぞ。1GBの差はでかい!

Mac/PCからブラウザにファイルをドラッグ&ドロップするだけでアップロードができます。アイコンもUIもかわいいし、おいら絶賛おすすめ中。

iPhoneアプリもあります。
※なくなったぽいです

【Dropbox】に連携するアプリなら保存は【Dropbox】へ

言わずと知れたオンラインストレージの王様。Dropboxは主に成果物の保存場所として使います。iPhone/iPadでは主にノート系アプリなどの保存場所として使用しています。
Dropbox(2GB無料)ここから登録で+500MBボーナス。お見逃しなく!

Dropbox
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

画像が溜まってきたら【PhotoSync】でMacへ送って削除。さらに【SugarSync】にぶち込め

はい。画像すーぐ溜まりますね。僕は月に一度、画像をMacに送り、削除してしまいます。

Macに送る方法として僕が使っているのが【PhotoSync】。超簡単操作であっつー間にMacにバックアップ。そしてそのフォルダを【SugarSync】に共有させちゃいましょう。これで最低でも5GBの節約になります。

ちなみに、【iCloud】により過去1ヶ月の画像はなーんもしなくてもいつでもどんなデバイスでも閲覧、ダウンロード可能ですからね。しかも本体やiCloudのストレージ容量とは関係ありません。なんということでしょう。

 

SugarSyncは、ここから登録でなんと+500MBのボーナス!

アプリはこちら

SugarSync
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

PhotoSyncは、度重なるアップデートにより、神アプリへと進化を遂げました。画像転送関係はこれ1つで充分。iPhone/iPadユーザーなら必ず入れておきたいところです。

実は、デジカメで撮影した画像や動画も【Eye-Fi】を使ってなーんもしなくても全てのデバイスで同期する方法があります。これについては別の記事で紹介したいと思います。うーんまさに時代はクラウド。

早足で紹介してしまいましたが、他にもいくつかポイントがあるんです。それについてはまたの機会に。では!