iPhoneでカラオケみたいに曲に合わせて歌詞を表示したり歌詞の場所を再生したりできるよ

最終更新日 2019年11月25日

iOS 13からミュージックアプリの歌詞の表示方法が変わって、カラオケっぽく歌詞を表示できるようになってました。

iPhoneでカラオケ風歌詞を表示させる手順

前提条件として、iOS / iPad OS 13 がインストールされていることと、歌詞の表示にはApple Musicが必要であります。Apple Musicは3ヶ月無料なので気軽に試すことができますよ。

で、カラオケ風歌詞の出し方は、まず再生中の曲のコレ↓をタップして、

再生曲詳細画面で左下の吹き出しっぽいアイコン↓をタップするだけ。

こんな感じで曲の再生に合わせて歌詞が表示されます。

曲の再生に合わせて歌詞が動いていく

ちなみに、歌詞をタップすると、曲をその場所から再生できます。便利!

ただし、カラオケっぽい表示にならない曲もあるようです。全部対応してるわけじゃないのでしょうか。そのうちなるんですかね。

カラオケ表示にならない曲もある

感想。Apple Musicで歌なしバージョンの楽曲が増えそうな予感がします!

記事に登場した楽曲