macOS Catarinaへのアップデートは週末にやろうと思う。それまでに準備できること

最終更新日 2019年11月26日

ついに公開されたmacOS Catarina。今回はiTunesのお別れ会を含む大掛かりなアップデートとなるため、週末にやります。それまでにいくつか準備しておこうかと思います。

ストレージの容量を確保する

Macのストレージ容量足りなすぎるとアップデートできないので、この際データ整理とかクリーンアップとかやっちゃいましょう。

Macのデフォルト機能でストレージ容量を空ける

  1. 画面左上のりんごマーク
  2. このMacについて
  3. ストレージ
  4. 管理
  5. 書類

で、ファイルサイズの大きいファイルを見つけることができます。不要なのがあれば削除しときましょう。他、何にどれだけ容量を食ってるか把握できます。

サードパーティーアプリでクリーンアップする

Disk Diag
ユーティリティ, 仕事効率化¥370

僕が長らく使ってるのはDisk Diag。簡単操作で不要ファイルを削除しMacの空き容量を増やすことができます。

「ゴミ箱を空にする」の代わりにたまにやってる。もちろんゴミ箱も空にしてくれる。

Time Machineでバックアップする

Time Machine

毎度毎度口を酸っぱくして言いますが、Time Machineでバックアップはやるべし。やろう!僕も何度命を救われたことか分からない。

やり方は簡単。外部のUSBストレージを用意してMacに接続し、Time MachineアプリでそのUSBストレージを選択するだけ。Time Capsuleを使えばワイヤレスでバックアップをとることもできる。

基本、自動で定期的にバックアップをとってくれるし、手動でバックアップをとることもできる。使わない理由が見当たらないのであります!日頃からやっておきましょう。

音楽などメディアファイルを念のため別にバックアップする

CDからMacに自力で取り込んでた音楽などのメディアデータ。これら、念のため別クチでバックアップしとこうと思います。なんか、万一こんがらがると面倒なので。

上のTime Capsuleと同じ外部のUSBストレージでOK。メディアファイルをすべてコピーしときましょう。

32ビットアプリは動かなくなるので調べとく

ついに32bitのアプリが動作しなくなります。長年アップデートされてないような、それでいてなくなると困るアプリがあったら32bitかどうか調べておきましょう。もし32bitなら代替を探しときましょう。

Macにインストールされてる32ビットアプリの調べ方

  1. 画面左上のりんごマーク
  2. このMacについて
  3. 概要
  4. システムレポート
  5. アプリケーション
  6. 64ビットの部分が「いいえ」になってるのが32bitアプリ。

CatalinaでAdobe CS5が動かなくなるぞー!

Adobe CS5.1
ありがとうCS5

というわけで、32ビットアプリのAdobe CS5はお役御免。動かなくなるまで使う、と決めていたCS5とついにお別れです。長い間ありがとう!