iPad Pro 3rd
Photo via Apple.com

iPad Pro 11インチが欲しすぎる!!けど買わない!理由。

2018年11月4日

どーも。東日本iPad友の会名誉会長(自称)の僕です。待ち望んだFace ID搭載iPad、iPad Pro 11インチが遂に登場!めっちゃ欲しい欲しすぎるでも買いません今のところ。

なぜiPad Pro 11 が欲しすぎるのか

iPad Pro 11

これまでのiPadに僕が感じていた不満は主に2つ。ひとつはベゼルが太すぎること。昨年の10.5インチでかなり解消されたとは言え、ホームボタン側のベゼルは相変わらず極太だったわけです。それがなくなったことでかなりの狭ベゼルが実現してる。

もうひとつは、ホームボタンが右に行ったり左に行ったりが面倒。iPhoneと違い、iPadは横向きで使うことも多く、その時にホームボタンが右なのか左なのかってのが結構邪魔くさい。Touch ID的な意味で。

しかし、Face IDなら画面タッチでスリープを解除できる。これはヒジョーにでかい。ホームボタンがどっちにあるとか関係なくなるわけです。逆に、物理ボタンやUSBコネクタの位置がわかりにくくなるんじゃないかという懸念もないわけではないけども。

というわけで、狭ベゼルでFace IDなiPadは、僕には夢のデバイスだったわけです!!うおー!

でも僕は買わない。汁。

なぜiPad Pro 11インチを買わないのか 1: 高い

僕のiPadの主な用途は↓

  • Abema TV, Netflix, YouTube
  • カーナビ(Google Maps + Apple Music)
  • 自炊本リーダー

というわけで、Proスペックである必要性が皆無。Pencilもなくてもよいです。僕が欲しいのは、単に画面のめっちゃでかいFace ID搭載iOSデバイスなのであります!

そんな僕は、Face ID搭載の11インチ廉価版iPadが出るのを期待しつつ待つのが今のところ最善策かと思っています。

なぜiPad Pro 11インチを買わないのか 2:(もう)風呂で観れない

今年、iPad Pro 10.5インチをお風呂で水没させました。Apple Careに入っていなかったため修理代50,000円超えで泣いたよ。(修理しなかった)

僕の記憶が確かならば、iPhone XはIPX7レベルの防水であるのに対し、iPadはノー防水。というわけで、いくらZiplocしたとしても、もはや僕には100,000円超えのiPadを風呂で観るHPは残っていないのであります。

なぜiPad Pro 11インチを買わないのか 3: 廉価版のFace ID iPadが近々出る可能性は高い

近い将来、廉価版的な位置付けの狭ベゼルでFace IDなiPadが出る可能性は高いと見ています。理由は以下のとおり。

ひとつは、iPadの場合、iPhoneに比べて筐体の大きさや重さがさほど問題にならないこと。安くするために多少大きく重くなってもあまり問題はないと思われます。バッテリー容量も減ってもさほど問題にならなそう。どのみちほぼ屋内で使うわけだし。

カメラもiPhoneほど重要性ないし最小限でよし。Pencilとかキーボードも非対応でよし。僕みたいな動画観たいだけマンは結構いそうだし、これらを非対応にして安くできるならまぁまぁ需要ありそうな気がする。(非対応にしたから安くできるとは限らんけど)

というわけで、iPadの場合、iPhoneに比べて廉価版を作りやすいのではないかと思うわけであります。

ぼくがかんがえたさいきょうの廉価版iPad

まぁ、Face IDまわりのセンサーモジュール群は高価だろうし、59,800円~くらいからなら2秒未満でポチりたいと思います!ではまた

  • 9.7-11インチ程度
  • Face ID + 狭ベゼル
  • P3、TrueTone対応
  • 黒ベゼル
  • 128GB SSDが選べる
  • 2世代くらい前のチップ
  • USB-C(Lightningでもよいけど)
  • RAM・カメラ・厚さ・重さ・バッテリー容量 こだわらない