Photo by Jamakassi on Unsplash

高品質ヘッドフォンで聴きたい音楽アルバム独断編

2018年12月30日
/

全国の皆さん。このお正月はお年玉でヘッドフォンを買おう!まぁおすすめの音楽と言っても単に趣味の話にしかならないかもしれないけど、個人的にサウンド面で素晴らしいと思う、爆音で聴くとトリップできるアルバムたちを紹介します。お気に入りのヘッドフォンを手にした暁にはぜひ、ここで紹介する音楽をぜひ試聴してみてください。

森山直太朗 – 諸君!!

サウンドプロデューサーは笹路さん。料理でいうなら「素材の味をそのまま活かした」ようなサウンドが素晴らしい。ヘッドフォンで心して聴くと、素材の味がさらに染みて(沁みて)くる。「椅子」などの楽曲であらきゆうこワールド炸裂。

ねごと – ETERNALBEAT

たぶん、今年一番聴いたと思われるアルバム。サウンドリーダー?の沙田瑞紀さんの天才的な才能が溢れ出る名盤。先日の突然の解散発表で泣きそうになっている。

ABINGDON ROAD – abingdon boys school

IKUO(Bs), 長谷川浩二(Dr)のリズム体が凶悪すぎる。爆音で聴くとより際立つヤバさ。

奥田民生 – LION

俗に言う第1期奥田民生バンドによる録音。各楽器の音へのこだわりまくり感が伝わってくる。

BABYMETAL – Live at Wembley

BABYMETALは、ライブ盤がガチでヤバい!ゼッタイ。藤岡さんの残した功績はあまりに大きい。

Dirty Loops – Loopified

スウェーデンのスリーピースバンド。YouTubeなどを巧みに利用して一躍世界的有名に。宇多田ヒカルのAutomaticなどさまざまな著名アーティストの楽曲をカバー。リズム体が異次元。日本版のジャケットは荒木飛呂彦先生によるもの。

Aja – Steely Dan

スティーリー・ダン。それは超一流のミュージシャンたちの宴であーる。タイトル曲のスティーブ・ガッド先生。

Snarky Puppy – GroundUP

GroundUP
フュージョン¥1,200Snarky Puppy

このアルバムに限らずだけど、録音クオリティーが異次元。

Bad Hombre – Antonio Sanchez

現在最高峰のドラマーにして作曲家、アントニオ・サンチェス。

Alive – 上原ひろみ

変態。

The Fearless Flyers – The Fearless Flyers – EP

「The Fearless Flyers - EP」リンクが見つかりませんでした。: (WP Applink)

もっと変態。