Photo by Jase Bloor on Unsplash

Mac 「書類」「ダウンロード」などのフォルダ名が英語になってしまった。日本語に直す方法。

今まで「書類」「ダウンロード」とかいう名前だったフォルダが、気づけば英語で「Documents」「Downloads」とかになっとる…直したい…。ときの解決法。

予備知識: 特別なフォルダ

Macには、ユーザーのために特別に用意されているフォルダがあります。これらは勝手に名前を変えたり削除したりすることができません。他にもあるかもだけど。

  • Applications(アプリケーション)
  • Desktop(デスクトップ)
  • Documents(書類)
  • Downloads(ダウンロード)
  • Movies(ムービー)
  • Music(ミュージック)
  • Pictures(ピクチャ)
  • Trash(ゴミ箱)
  • Libraries(ライブラリ)
  • Public(パブリック)(消せる)
  • Sites(サイト)(消せる)

で、これらのフォルダは通常、Macで設定された言語の名前表示されます。日本語なら上のカッコ内の名前のフォルダとして表示されます。

しかし、なんかの拍子にあるフォルダだけ英語になっちゃた!とかがあるわけです。何にもしてないのに。何にもしてないのに壊れるのです!

英語になってしまったフォルダ名を日本語に戻す方法

というわけで手順。今回はこの「Downloads」フォルダ名を、本来の「ダウンロード」に戻したいと思いまーす。

というわけで手順。黒い画面(白い画面)でおなじみの「ターミナル」を使いますが、以下の手順どーりにやれば大丈夫です。

Mac ターミナルのアイコン
ターミナル.app

まずはおもむろにターミナルを起動します。起動のしかたが分からない場合は↓をどうぞ

ターミナルに cd[半角スペース] と入力します。

cd 

次に、Finderの「Downloads」フォルダをターミナルのウインドウにドラッグします。すると、ターミナルにフォルダのパスが入力されます。

フォルダアイコンをターミナルのウインドウにドラッグ&ドロップすると、フォルダのパスが入力される

こんな感じになればok。

cd /Users/<ユーザー名>/Downloads

enter を押します。

で、下の画像の部分が「Downloads」になってることを確認。

お次は、下のコマンドを入力し enter を押します。

touch .localized

さて、ここでフォルダの名前が「ダウンロード」に変わってるか確認してみます。

 やったぜ!

ちょっとした解説。

フォルダの中に、隠しファイル .localized が含まれていれば、翻訳されたフォルダ名が表示されます。今回の手順では、このファイルをDownloadsフォルダ内に作る作業だったということです。

ちなみに、.localized.DS_Store は、隠しファイルを表示する設定にしても表示されません。存在を確認するにはターミナルを使います。

ls -f