Photo by Jon Tyson on Unsplash

iPhoneの(iPad/Mac)の写真を大量に共有する方法

2019年6月25日
/

iPhoneやiPadで撮影した写真を何十枚とまとめて誰かと共有したい場合に便利な「iCloudリンク」を使った共有方法をご紹介。

iCloudリンクとはなんぞ

iOS12から、iCloud写真(旧iCloudフォトライブラリ)を使っている場合、iCloudにアップロードされている写真や動画を共有するための共有リンクが使えるようになってます。これを使うと、写真や動画(とショートカットのレシピ)をリンク(URL)を使って共有することができます。

iCloud写真を利用するには以下の手順でiCloud写真を有効にします。

  1. 設定アプリ
  2. Apple ID(一番上のアイコンと名前のところ)
  3. iCloud
  4. 写真
  5. 「iCloud写真」をオンにする

iCloudリンクで写真を共有する手順(iPhone / iPad)

iPhoneで説明します。iPadでも同じです。

写真アプリを開き、写真タブの右上の「選択」をタップ。

共有したい写真・動画を全てタップして選択。選択されたアイテムにはチェックマークがつきます。

左下のアクションボタンをタップ

「iCloudリンクをコピー」をタップ。

これで、クリップボードにiCloudリンクがコピーされました。あとはメッセージアプリとかLINEとかメールとかに貼り付けて共有したい相手に送信しましょう。

メッセージアプリならこんな感じでペーストして、

送信しました。

リンクを受け取った側は、こんなあんばいで写真や動画を観ることができます。

また写真アプリのFor You内に表示されます。

PC / MacからiCloudリンクで写真を共有したいとき

iCloud.comの写真アプリから、同様にiCloudリンクを作成できます。