Image via CASEY CHIN

紙に印刷されたURLをiPhoneで簡単に開く方法

2019年10月15日
/

紙に記載されたURLをQRコードみたいにパッと開けないものか。→開けます。

というわけで、このレシートに書いてあるURLを開いてみます。

このURLをさくっと開きたい

で、その方法。「写真で翻訳」(TextGrabber)のOCR機能を使います。

写真で翻訳
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

今回はリアルタイムOCRの機能を使います。

「OCR〜?」OCRってのは、紙とか写真に書かれた文字を分析して、コピペや編集ができる「文字データ」にしてしまう仕組みのこと。

今回はリアルタイムOCR機能を使います。下の赤い丸ボタンの上の部分を「REALTIME」に合わせてから、赤い丸ボタンを押しっぱ(ホールド)します。

で画面上部にURLをできるだけ大きく映るように動かし、画面の白いエリアにURLが表示されたらボタンを離します。

だいぶ日本語ヤバいけど、英語のURLは正しく読めてますね。この緑色のリンクをクリックすればOK。無事読み込めました。ちなみにスタバの回し者ではありません。

なお、印刷が薄かったりかすれていたり、罫線などが隣接してたりすると結構ヤバめに読み込まれます。特に日本語。今回は「写真で翻訳」アプリのリアルタイムOCR機能を使いましたが、PDFとか写真などから直接、画質の高い文字をデータ化する際は高い精度で読み込みができます。ではさよなら!