Anker SoundCore Sport vs Soundcore Icon Mini お風呂スピーカー徹底比較!

2019年7月20日
/

今年も来ました、Amazonプライムデー。プライムデーって、モバイルスピーカー買う日だよね。たしか。違うよね!

というわけで、セールになってたSoundcore Icon Miniを買いました。手持ちのAnker SoundCore Sport とのお風呂用モバイルスピーカー頂上決戦徹底比較です。

はじめに。Anker とSoundcore

Ankerは、言わずと知れたモバイルバッテリー・充電器メーカーで、今も業界ナンバーワンといえる絶大な人気を誇っています。

数年前からは、モバイルバッテリーだけではなくスピーカーやイヤフォン、家電などにも進出し、中でもモバイルスピーカーシリーズを Anker SoundCore 〜という名前で出していました。

で、さらにその後、オーディオ全般を扱うAnkerの新ブランドとしてSoundcore を立ち上げた、というあんばいです。

なので、従来のモバイルスピーカーはAnker SoundCoreシリーズ、最近のオーディオ新製品はSoundcore名義となっています。Coreのcが小文字になったのが地味にポイント。

比較されし者たち

Anker SoundCore Sport

Anker SoundCore Sport

Soundcore Icon Mini

外観比較

Anker SoundCore Sport & Soundcore Icon Mini

大きさはほぼ同じ。Icon Miniの方が若干薄く、幅が広い感じです。Sportの方は立てて使うことも考慮された形状ですが、Icon Miniはそうでもないようで、倒れやすい。寝せるか吊るすかで使え、ということでしょうか。

大きな違いは、パッシブサブウーファーの位置。Sportは背面にあるのに対し、Icon Miniは前面に搭載されている。これが、多少なりとも音質に影響しているとも思われます。

右側の縦長の楕円形のがパッシブサブウーファー。Sportでは背面に付いていたサブウーファーがIcon Miniは前面にあるのが大きく違う。

パッシブサブウーファーとは、電気回路を搭載していない(パッシブ)低音用のスピーカー(サブウーファー)で、簡単にいうと低音が出ます。

スペック比較

  Anker SoundCore Sport SoundCore Icon Mini
価格 3,499円 2,999円
寸法 85 x 85 x 45 mm 95 x 75 x 36 mm
重量 230g 215g
スピーカー 3Wスピーカー x 1 + パッシブサブウーファー x 1 3Wスピーカー x 1 + パッシブサブウーファー x 1
連続再生時間 10時間 8時間
防塵・防水 IPX7 IP67
Bluetoothバージョン 4.0 4.2
ハンズフリー通話
曲送り
2台接続ステレオ再生 ×
ストラップ

まず価格。Sportは3,499円, Icon Miniは2,999円とSportの方が500円高いです。その他、スペック面は連続再生時間にやや差がある程度で、ほぼ同じ。

サウンド比較

有り体に言うと、Sportの方が高音と低音が強いドンシャリ、Icon Miniは中域の強い柔らかめの音質。これには、パッシブサブウーファーの位置も影響しているものと思われます。

前述のとおり、Sportは背面に、Icon Miniは前面にパッシブサブウーファーがあります。そのためかSportの方が高音の抜けがよく、それでいて低音もしっかり存在している感じで、かたやIcon Miniの方は中域にまとまっている印象。言ってもモノラル3Wスピーカーの範疇で、ですが。

風呂で聴いてみた

個人的にはどちらも完全風呂用途なので、実際に風呂で聴いてみることに。また、音楽、音声、シャワー時とパターンを試してみました。

まず音楽。当たり前と言えば当たり前なんだけど、ありのままを正直に話すなら、やはりどちらも音楽鑑賞には向かない。音楽は聴こえればなんでもいい、くらいの方ならありかもしれない。お風呂でそれなりに音楽を楽しみたいなら、Soundcore Motion Qとかにした方がいいと思います。

次にYouTubeやプライムビデオなどの人の声。これは高音の抜けがよい分、若干Sportの方が聴きやすいけど、ほんと若干、って感じ。また上記のMotion Qに比べ、モノラルスピーカーのSport, Icon Miniはずっと声が聴き取りやすい。

最後にシャワー中。どちらも、シャワーに負けないだけの音量は余裕で出せるので、近所迷惑に注意すべし。当然ながら、もはや音質の違いはまったくの無意味。

Icon Miniのボタンは押しやすい

っていうか、Sportのボタンがダントツ押しにくいので、この面ではIcon Miniに軍配。

Icon MiniはFire HD 7で自動接続された

もうひとつのIcon Miniのアドバンテージ。僕の環境だけかもしれないけど。

僕は、お風呂ではFire HD 7(2018)を使っています。なぜなら安いから。以前iPad Proを浴槽水没で溶かしたから。oTL=3。

で、これまで使ってたSportの方は、Fire HD 7をスリープ解除して、Sportの電源を入れてもなぜか自動的に接続がされなかったのです。個体の問題なのか仕様なのかは分かんないけど。で、不便だなーって思ってたんだけど、Icon Miniは、Icon Miniの電源を入れたらちゃんと自動的にFire HD 7と接続され、音が出ました!やったぜ。

まとめ。お風呂用モバイルスピーカー頂上対決の結末は!?

結論。お風呂用に限定するなら、どっちでもいいです(白目)。どちらにしても、お風呂用として非常に優秀だということ。僕は、音質と立てて置ける部分はSport、しかし、ボタンの押しやすさと上記のFire HD 7への自動接続のアレで、Icon Miniに一本!といったところです。

最後に、両者のささやかな違いをまとめておきます。

  Anker SoundCore Sport SoundCore Icon Mini
連続再生時間 10時間 8時間
立て置き
音質 硬め やわらかめ
防塵 ×
2台接続ステレオ再生 ×
ボタンの押しやすさ ×