macOS Sierra「ユニバーサルクリップボード」でiOSとmacOS間での相互コピペが可能に。

sierra

今回のOSアップデートから、名称がOS X → macOSになりました。OS X 気に入ってたのにな。iOSやwatchOS, tvOSとの名称の一貫性を持たせるためでしょうか。今回のアップデートで、待ち望んだMac, iOS間のコピペ機能が実装されました。

「ユニバーサルクリップボード」。iOSとmacOS間での相互コピペが可能に

iCloudを介してiOS←→macOS間で相互コピペが可能になりました!おめでとう!

今まではアプリを使って行っていたんですが、遂にOSの機能として実装されました。

使い方は簡単で、例えばMacでコピー、iPhoneでペーストするだけです。逆もしかり。

試しにやってみます。

Macでコピーして…

ss-2

iPhoneでペースト。

img_0524

無事にコピペできました。

ユニバーサルコピペできません

以下が必要ですのでご確認下さい。

  • ユニバーサルクリップボード対応のMacである
  • MacとiOSデバイス(iPhoneやiPad)が同じApple IDでログインしている
  • 同じWiFi環境にある
  • Bluetoothがオンになっている
  • Handoffがオンになっている

ユニバーサルクリップボード対応のMac

  • Mac Pro(Late 2013)
  • Mac mini (Late 2012)以降
  • iMac (27-inch, Late 2012)以降
  • iMac (21.5-inch, Late 2012)以降
  • MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook Air (11-inch, Mid 2012)以降
  • MacBook (12-inch, Early 2015)以降

MacのHandoffをオンにする

システム環境設定 > 一般 > このMacとiCloudデバイス間でのHandoffを許可 にチェックを入れます。

ss-1

iOSデバイスのHandoffをオンにする

設定 > 一般 > Handoff > Handoff をオンにします。

img_0525