@wordpress/eslint-plugin × VSCode × ESLint × Prettierでコードを自動整形させる方法【ブロックエディタ開発用】

タイトルのままですが、VSCodeでWordPressのブロックエディタ開発用にコードを自動整形させたい、というのがこの記事の趣旨です。WordPress用ってことでWordPressのコーディング規約に準じた構成とカスタムルールが含まれた @wordpress/eslint-plugin を使います。

前提

node.js, npm (yarn) がインストールされている前提で話をすすめます。(もちろんVSCodeも)

手順1 VSCode側の設定

まずはVSCode側の設定から。VSCodeに拡張機能 ESLint をインストールし有効化します。本記事の方法では、必要な拡張機能はこれだけ。PrettierのVSCode拡張機能も不要です。

次に、VSCodeで設定画面を開き、eslint format と検索してみましょう。設定画面は「左下の歯車 > 設定」で。Macの場合は command + , でも開けます。

ESLint: Enable にチェックを入れます。

自動修正はESLint と Prettierで行うので JavaScript > format: Enable のチェックは外しておきましょう。

もうひとつ確認。設定ファイル .vscode/settings.json に以下の記述があるか確認しておきましょう。なければ追記しましょう。

"editor.codeActionsOnSave": {
  "source.fixAll.eslint": true
}

上記設定ファイルの開き方は、VSCodeの設定画面で下の画像のアイコンをクリック。

VSCode側の設定は以上です。

手順2 プロジェクトにパッケージをインストール

npm (yarn)でプロジェクトに必要なパッケージをインストールします。

必要なのは以下の2つのみです。prettierやBabel的なものなどは @wordpress/eslint-plugin に含まれています。

yarn add -D eslint @wordpress/eslint-plugin

ちなみにeslint-plugin-wordpress は非推奨となりました。

手順3 必要な設定ファイルの作成

プロジェクトフォルダ直下に必要な設定ファイルを作成します。

  • .prettierrc.js
  • .eslintrc.js

まずは .prettierrc.jsから。といってもPrettierの設定は @wordpress/eslint-plugin で自動的にされるので、基本的にはなにも書く必要はありません。ただ、細かい理由はわかりませんが .prettierrc.jsが存在しない、または中身が空だとPrettierが動かなかったので空のオブジェクトを入れておきます。必要に応じて設定を記述してください。

module.exports = {
  // 必要に応じてなにか書く
}

参考までに、@wordpress/eslint-config のPrettierのデフォルト設定はこんな感じのようです。

{
	useTabs: true,
	tabWidth: 4,
	printWidth: 80,
	singleQuote: true,
	trailingComma: 'es5',
	bracketSpacing: true,
	parenSpacing: true,
	jsxBracketSameLine: false,
	semi: true,
	arrowParens: 'always',
}

次に .eslintrc.js。こちらはシンプルな記述でOK。WordPressのコーディング規約に準じたESLintの設定になります。

module.exports = {
	extends: [ 'plugin:@wordpress/eslint-plugin/recommended' ],
};

必要に応じて rules を書きましょう。

module.exports = {
	extends: [ 'plugin:@wordpress/eslint-plugin/recommended' ],
	rules: {
		'no-console': 'warn', 
	},
};

手順4 動作確認

VSCodeを再起動して、プロジェクトフォルダに適当なjsファイルを作成して、適当にルールに反したコードを書いてみます。

書いてる側からガンガン5つも指摘されました。ちゃんと eslint(prettier/prettier) と表示されていますね。保存して自動的に整形されたら完了です。

保存をしたら無事に自動整形されました

まとめ

WordPressのブロックエディタ開発のためのJavaScript自動整形は、@wordpress/eslint-plugin を使えば、こんな感じで簡単に設定できます。

ちなみに、StylelintなるものとPrettierでSass/CSSの自動整形もできるっぽいんですが、僕はStylus使いなので仲間に入れてもらえませんでした。

2-3年前に、Stylus来る!と思ってSass(SCSS)からStylusに乗り換えたんですが、一般的にはSassが圧倒的多数のようですね。Sassに戻すかまた考えたいと思います。

参考文献

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。