iOS 14 ベータ版からiOS 13にダウングレードするとても簡単な方法 PR

ベータ版の最新iOS 14ベータにしたらお気に入りのアプリが使えなくなっちゃった…もとのiOS 13に戻したいけどやり方がわからない…

毎年メジャーアップデートされるiOSやiPad OSですが、リリース前にベータ版が配布されますので、いち早く新しいiOS/iPadOSを試すことができます。しかし、iPhoneのiOSやiPadのiPadOSは、一度バージョンを上げてしまうと特別な方法を使わないとバージョンを下げる(ダウングレード)ことができません。では、どうしても元のバージョンにダウングレードしたい!それも簡単に!といった場合はどうしたらいいのでしょう。というわけで今回は、とても簡単にiOS / iPadOSのダウングレードができるアプリ、AnyFixのご紹介です。

iOS / iPadOSのダウングレードを可能にするAnyFix 概要

iPhoneやiPadのあらゆる不具合を修復するための機能を搭載

AnyFixは、その名のとおりiPhoneやiPad, AppleTV, iTunesのあらゆる不具合を修復するMac / Windows用アプリです。かんたんな操作でAppleデバイスを復活させることができるので、難しいことが分からなくても大丈夫。今や生活に欠かせなくなったiPhoneやiPad修復の心強い味方です。

この中のひとつの機能「iOS/iPadOSのアップデート・ダウングレード」を使えば、通常簡単にはできないiOSのバージョンを下げることができちゃう、というわけです。

本当に簡単にiOSのダウングレードができるのか!?実機で試してみた

実際にやってみなければわからない!というわけで、早速実機を使ってiPhoneのダウングレードを試してみました。

使ったのはこちらのiPhone7。iOSはベータ版のiOS 14。

万一のときに備えて、必ずバックアップをとってから行いましょう。

早速やってみます。「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」メニューから「1-クリックでiOS/iPadOSをダウングレード」を選択し「スタート」。

ダウングレードできるすべてのiOSのバージョンが表示されました。13.6.1を選んで「ダウングレード」!

ダウングレードが始まりました。終わるまで待ちます。

無事にダウングレード!数十分程度で完了しました。

システムバージョンで確認すると13.6.1に戻っています。というわけで、難しい知識がなくても、ポチポチ数クリックしただけで無事iPhoneのダウングレードができてしまいました。

こんなに簡単なら、ベータ版へのアップグレードも怖くないですね。

ほかにもたくさんある! AnyFixの機能

ほかにも、AnyFixには難しい作業を簡単にしてくれる機能が備わっています。たとえば「iPhoneをリカバリーモードにする」「iPhoneのリカバリーモードを解除する」といったこともAnyFixなら数回のクリックでできてしまいます。詳しくはこちら↓をご覧ください。

AnyFixの価格

2020年8月現在 年間プランは4980円

月間プラン, 年間プラン, ライフタイムプラン(生涯利用可能)と用途に合わせてプランを選ぶことができます。

一度だけダウングレードできればいいんだ、ということなら月間プランでOKだし、ダウングレードだけじゃなくて色々と長い付き合いをしたい、という場合は年間プランやライフタイムプランを選ぶとよいでしょう。

ダウングレード機能はあくまでAnyFixの多くの機能の中のひとつ。その他の心強い機能をすべて含めてこの価格ですから、iPhoneの修理にかかる値段を考えるとずいぶんリーズナブルですね。

まとめ

文字どおりiPhoneやiPadのさまざまな問題を解決するための機能が満載のAnyFix

iOSのダウングレードができるAnyFixのご紹介でした。AnyFixは本来iPhoneやiPad, AppleTVの、130を超える種類の不具合を修復するためのアプリです。すべての魅力をここで紹介しきるのは到底不可能ですが、この記事を読んで「こんなアプリもあるんだ」と頭に入れておいてもらえれば、いざという時に助けになってくれるかもしれませんね。それではまた。

AnyFixの購入はこちらから

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。