iPhoneのあらゆるデータをコントロールするAnyTransがパワーアップ!PCとWi-Fi接続でより便利になりましたPR

公開

約2分で読めます
ぷー子のLINEスタンプ第1弾発売中

当ブログでも何度かご紹介している「AnyTrans」。iPhoneのあらゆるデータの移行やバックアップなどを手軽に行える便利なアプリですが、最新版ではPCとの接続をWi-Fiで行えるようになり、より手軽に使えるようになっています。

AnyTransとはどんなアプリ?

AnyTransは、iPhoneのさまざまなデータをバックアップ・転送できる、超便利なWindows / Macアプリです。これを使えば、iPhoneのバックアップや引越しも簡単にできちゃいます。

ポイントは、難しい知識や操作を必要としないこと。手軽に、かんたんに使えることが魅力です。

公式サイトはこちらです。

以前にこちらのブログで紹介したページも併せてご覧ください。

AnyTrans最新版はPC / MacとWi-Fi接続できてより手軽になりました

AnyTransを使う際に、これまでiPhoneとPC / Macの接続にはケーブル接続が必要でしたが、AnyTransの最新版(バージョン8.8.3で確認済み)では、Wi-Fi経由での接続ができるようになり、よりかんたんに、手軽に使えるようになりました。

Wi-Fi接続を使うには、iPhone版 AnyTransをiPhoneにインストールします。

AnyTrans:どこでもファイルを転送
ユーティリティ, 仕事効率化無料iOSユニバーサル

今回はMac版を例にご紹介します。Mac側で「Wi-Fi」を選択しQRコードを表示します。

iPhoneのAnyTransアプリで「PCへ接続 -> スキャン」でQRコードを読み取ります。

これでiPhoneとMacをWi-Fi経由で接続できました。簡単ですね!

Mac側にもiPhoneの内容がバッチリ表示されていますね。というわけで、わざわざケーブルを取り出してきて繋がなくてもAnyTransが使えるようになりました。

気になるAnyTransの価格は?

2021年6月現在、シングルライセンスが年間4,378円(税込)ととてもリーズナブルな価格です。やさしい操作だけじゃなく、お財布にもやさしいですね。永久版やマルチライセンスもあります。

2021年6月現在のAnyTransの価格

まとめ

シンプルなUIと簡単操作のAnyTransなら、iCloudとか難しいことはよくわからない!という方でも、自分でiPhoneのデータを移行できるんじゃないかなと思います。新しいiPhoneを購入して自分でなんとかデータ移行したい!という方はぜひお試しください。それではまた!

AnyTrans

AnyTrans ダウンロードはこちらから

AnyTrans 購入はこちらから

前後の記事

トラックバック