Androidや古いiPhoneから新しいiPhone へ簡単にデータ移行したい!難しい知識不要のAnyTransがおすすめ

iPhone 12、もうゲットしましたか?miniねらいの方はもうすぐって感じかもしれません。新しいiPhoneにするとき、ひとつの壁となるのがデータの移行。最近のiPhone同士なら簡単に移行できるんですが、古い機種からの以降の場合、自分でやるとなるとなかなかにハードルが高いもの。できれば自分で、しかも難しい知識なしでデータを移行したい!できるようになりたい!というわけで、そんな要望に最適なアプリのご紹介です。

こんな方におすすめの記事です

  • メルカリや中古ショップでiPhoneを買ったけど、データ移行のやり方がわからない
  • 古いiPhoneやAndroidからiPhoneに簡単にデータを移行したい
  • iCloudとか難しいこと言われてもわからない

新しいiPhoneへの移行もかんたん!iPhoneのあらゆるデータを管理できる「AnyTrans」

iPhone 12をネットのApple Storeで買ったんだけど、データどうやって移すの…iCloudとか言われてもわかりません!

以前にご紹介した、iPhoneのさまざまなデータをバックアップ・転送できるAnyTransが、そんなお悩みを解決します!これを使えば、iPhoneのバックアップや引越しも簡単にできちゃいます。iCloudとかの難しいことが分からなくても大丈夫です。

AnyTransの「フォンスイッチャー」なら丸ごとor必要なものを選んでデータを移せます

AnyTransの「フォンスイッチャー」機能を使えば、古いiPhoneでもAndroidでも、新しいiPhoneへ簡単操作でデータを移行できます。

  • iPhone (5sとかの旧機種でもOK) から新しいiPhoneへ簡単データ移行
  • AndroidからiPhoneへ簡単データ移行
  • 丸ごと移行はもちろん、必要なデータだけ選んで移行も可能

写真や連絡先、ブックマークなど基本的なデータを1クリックで転送できます。

iPhone同士の場合は、アプリおよびアプリのデータを転送することができます。すべてのアプリを丸ごと転送もできるし、必要なものだけ選んで転送もできるので、移行のついでに整理なんてこともできちゃいます。

僕はiPhone 12は買ってないので…iPhone 11 Pro Maxから、手持ちのiPhone 7に転送してみました。

転送したいデータやアプリを選んでボタンを押していくだけ。楽勝でした!ちなみにですが、アプリの移行にはアプリを購入したときのApple IDを入力する必要があります。

リーズナブルな価格設定でお財布にもやさしいAnyTrans

2020年11月現在、シングルライセンスが年間3,980円ととてもリーズナブルな価格です。やさしい操作だけじゃなく、お財布にもやさしいですね。永久版やマルチライセンスもあります。

2020年11月現在のAnyTransの価格

まとめ

シンプルなUIと簡単操作のAnyTransなら、iCloudとか難しいことはよくわからない!という方でも、自分でiPhoneのデータを移行できるんじゃないかなと思います。今回iPhone 12を購入して自分でなんとかデータ移行したい!という方はぜひお試しください。それではまた!

AnyTrans

AnyTrans ダウンロードはこちらから

AnyTrans 購入はこちらから

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。