Mac ウインドウの端や角を画面端までぴったり拡大する簡単な方法

先日、Safariのウインドウの端っこを画面端にぴったりにしようと思ったら、手がすべって発見したのでご紹介します。

たとえばこのSafariのウインドウ。ウインドウの左端を画面の左端まで拡大したい時は、ウインドウの端っこを持ってずりずりドラッグ&ドロップするのがよくある方法。

Mac

しかし、これをドラッグ&ドロップせずして端まで拡大する方法がありました。

ウインドウの端をドラッグするのではなく、ダブルクリックする。それだけで、そのダブルクリックした端っこが画面端まで拡大されます。

ウインドウの端にカーソルを合わせてダブルクリックする(左)と、その端が画面端まで広がる。

角をダブルクリックした場合は、2辺が拡大されます。

Mac

おまけ。BetterSnapToolを使う

BetterSnapTool
仕事効率化, ユーティリティ¥370
Screenshots

BetterSnapToolを使えば、ウインドウを画面の端や角にドラッグするだけで、全画面、半画面、4分の1画面にぴったり変形することができておすすめです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。