Apple Musicで出会った新しい音楽たち 2020(継続更新)

最終更新日 2020年1月19日
Background Photo by Christian Spies on Unsplash

どうもApple Music 推進委員会です。ここでは、Apple Musicが僕に推薦してくれた「Apple Musicがなかったら出会わなかったかもしれない音楽」の中から、楽曲やアーティストをピックアップしてご紹介します。

Apple Musicで出会った楽曲・アーティスト 2020年1月

バラの花 x ネイティブダンサー | yui (FLOWER FLOWER) × ミゾベリョウ (odol)

New Music Mixより。くるりの「ばらの花」とサカナクション「ネイティブダンサー」のマッシュアップ曲。マッシュアップ曲というのは、2つの楽曲のうち片方のヴォーカルトラックともう片方の伴奏トラックを組み合わせて作られた楽曲のこと。ヴォーカルのyuiさんも素敵です。

mink | As It’s

Chill Mixより。ハスキーな歌声とアコースティックなサウンドが心地よい。

特にノラ・ジョーンズとアレサ・フランクリンからは大きな影響を受けていると公言している。

mink – Wikipedia

長谷川白紙 | o(__*)

New Music Mixより。アルバム「エアにに」収録。2020年現在現役音大生なんだそうです。

空中泥棒 | 消息無し

Chill Mixより。韓国の宅録アーティストで、名前を「公衆道徳」から「空中泥棒」に変えて活動しているそうです。

私立恵比寿中学 | SHAKE! SHAKE!

New Music Mixより。のっけから亀田誠治臭(もちろんいい匂い!)が半端ないっす。と思ったら亀田さんモデルのベースを使っているとかなんとか。

mei ehara | 私をしも – EP

Chill Mixより。

学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。 その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、計5作の自主制作作品を発表。 音楽活動の他、文藝誌「園」主宰、インタビュープロジェクト「DONCAMATIQ」、写真やデザインなどの制作活動も行う。

http://www.eharamei.com/biography

さとうもか | Merry go round

Chill Mixより。

 繊細だけど大胆、ユーモラスだけど甘くない、アート心をくすぐる良質なポップネスを持つその才能は、登場するや新世代のYUMINGと称され、2018年1st Full Album「Lukewarm」で一気に注目を集めると、KID FRESINOや斎藤ネコ、渋谷直角など様々なアーティストからも支持を得る。 

https://satomoka.work/profile

僕のNew Music Mix / Chill Mixプレイリストを紹介します

まずはNew Music Mix。新譜の中から、Apple Musicが毎週あなたのためのプレイリストを作ってくれます。またApple Musicではこんな感じ↓でプレイリストも共有できちゃいます。

こちらはChill Mix。Chillは「くつろぐ」とか「まったりする」という意味で、落ち着いた楽曲をMixしてくれます。

Apple Musicのキュレーション機能、皆さんもぜひ体験してみてください。

Apple Musicを3ヶ月無料体験してみる