これは快適!マスクしたままApple Watchでロック解除のしくみを解説します

公開

約6分で読めます
ぷー子のLINEスタンプ第1弾発売中

ついに来ましたね。マスクしたままFace IDロック解除。さっそく何度か使ってみましたが、快適すぎて感動しています。これだよ、これ!というわけで、気になる「どんなしくみ?」「セキュリティ的にどう?」「利便性は?」といったあたりについて解説します。

マスクしたたままApple Watchでロック解除に必要なデバイス

Apple Watch は Series 3以上ということで、ハードルは低めです。

  • Face ID搭載iPhone + 最新バージョンのiOS(14.5以上)
  • Apple Watch Series 3以降 + 最新バージョンのWatch OS(7.4以上)

Apple WatchでiPhoneのロックを解除するための設定方法

iPhoneの「設定アプリ > Face IDとパスコード > Apple Watchでロック解除」をオンにします。

Apple Watchでロック解除の使い勝手は?快適なのか!?

結論から言うと、とてつもなく便利になりました。これまで、たとえばお店のレジでPayPay的なものを使おうとすると、どうしてもマスクを一瞬ずらす動作が必要でした。正直あまりやりたくありませんね。便利なんだか不便なんだかもうわかりません。

ところが、「Apple Watchでロック解除」なら、マスクに一切触れる必要がなくなりました。もはやマスクをしたままでもロック解除のための動作は一切必要ありません

そもそもロック解除の動作が必要ないFace IDのポテンシャルと、iPhoneとBluetoothで連携するApple Watch。そして、その両デバイスとOSをすべて自社開発しているAppleだからこそなせる技ですね。

Apple Watchでロック解除の本人認証のしくみを解説します

マスクをしてたらFace IDで本人と認証できないはずだけど、どうやって本人であることを認証してるのだ!?

こんな疑問をもつ方も多いと思いますので解説します。Apple WatchでiPhoneのロックが解除されるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. iPhoneとペアリングされたApple Watchが近くにある
  2. Apple Watchのロックが解除されている
  3. Face IDでマスクをしている顔が検知される

この「マスクをしている顔」というのがミソで、これは「必ずしも本人である必要がない」のです。そもそもマスクしてるとFace IDでは本人かどうか判別できないというのが話の始まりなわけですから、当然といえば当然。

ではどこで本人だと判別しているのか。そこでApple Watchの登場、というわけです。

上に書いた条件の1と2をまとめるとこういうことであります。

ペアリングされててロック解除されてるApple Watch近距離にある =
iPhoneをロック解除しようとしているのが持ち主本人である可能性が非常に高い

上記3つのを満たす場面で本人以外である場合、かなり不自然な状況しかありません。Apple WatchにもiPhoneと同じようにパスコードロックがあり、当然本人しかロック解除できないわけですし、また手首から外すとロックされる機能があります。

そのApple Watchが近距離にあって、さらにマスクをしている人がロックを解除しようとしている、というのだから、本人であることがもっとも自然であります。逆に本人でない場合は極めて不自然な状況、ということになります。至近距離でマスクをしている誰かがiPhoneのロックを解除しようとしているわけですからね。

つまり、iPhoneとペアリングされた、しかもロック解除されたApple Watchが近距離にあるということで「ほぼほぼ本人じゃね?」ってことでロック解除してくれる、というわけです。

ペアリングされてロック解除されたApple Watchが近くにあることがロック解除の条件

セキュリティ的にどうなの?

つまり他人の顔でもマスクしてればロック解除されるってこと!?セキュリティ大丈夫!?

そんな疑問をもつ方も多いと思いますので解説します。

繰り返しになりますが、iPhoneとペアリングされていてかつロック解除状態のApple Watchが近くにある状態というのは、間違いなく本人が近くにいる状況です。(丸ごと盗まれてないかぎりはね!)なので、Apple Watchのセキュリティ設定をちゃんと行なっていれば、本人の知り得ない場所で悪用される可能性は0です。

万一、スキをついて誰かがロックを解除した場合。もちろんそんなときのことも想定して、ちゃんと回避機能が実装されています。

Apple WatchでiPhoneがロック解除されると、Apple Watchが触覚フィードバックで教えてくれて、かつiPhoneを即座にロックする画面が表示されます。つまり、誰かにiPhoneをロック解除されてしまっても、即座にロックしなおすことができるのです。

というわけで、しっかりと強固なセキュリティで守られていることがわかりますね。

さらにいうと、マスクをしていない場合は普通にFace IDが発動するので、純粋にFace IDの高いセキュリティで守られます。

Watchつけて寝てるときに家族に解除されるんじゃね?

たしかに、あなたがApple Watchをつけたまま寝ていて、そのApple Watchのロックが解除された状態だったら、マスクをしたご家族によってiPhoneのロックを解除されてしまうかもしれません。手首にノックバックがありますが、熟睡していれば気づかないかもしれません。

というわけで、Apple Watchをつけて寝る方で、かつ家族にこっそりロック解除されたら困る、やましいことがおありのあなた!寝るときはApple Watchをロックしたまま寝ましょう

そしてひとつ、大事な注意点が。「Apple Watchアプリ > パスコード > iPhoneでロック解除」を無効にしておきましょう。

iPhoneでロック解除は、iPhoneのロックを解除すると自動的に装着中のApple Watchのロックも解除するという便利機能ですが、オフにしておけば、「寝る前にiPhoneロックを解除してApple Watchも解除されてしまう → そのまま寝る → マスクをつけた家族にiPhoneのロックを解除される」のコンボは免れることができるでしょう。たぶん。

おわりに

この「Apple Watchでロック解除」機能。利便性とセキュリティのバランスをしっかりと考えられた素晴らしいしくみだと思いました。しかも、Appleにとっては一段とiPhoneとApple Watchのシナジーを高め、iPhoneユーザーにApple Watchのより高い価値を提供できることとなりました。

「Touch IDでいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、僕はそうは思いません。その理由はTouch IDは、ロック解除するために必ず「どこかをタッチする」作業が発生することと、単純にFace IDの方がセキュリティ強度が高いこと。つまり、生体認証としてのポテンシャルはFace IDの方が上回っているからです。

Face IDの課題と言われ続けてきたマスク時の認証について、旧技術のTouch IDで解決するのか、それともさらに新しい技術で解決するのか。Appleは後者を選択し、僕もそんなAppleに賛同する一人です。

今後もこのような素晴らしいテクノロジーで世の中をよりよくしてくれることを大いに期待しています。と言ってる側からAirTagが届いたので、近々レビューします。それではまた!

前後の記事

トラックバック