Photo by Gez Xavier Mansfield on Unsplash
ぷー子のLINEスタンプ第1弾発売中

イケてるフォントをダウンロードしようと思ったら【.suit】とかいうファイルが出てきてインストールできない…。フォントって【.otf】とか【.ttf】しか知らない…。何スーツって…。

あ、それね。インストールできるよ。教えてあげるよ。いいよ。

SUITファイルとはなんぞ?

拡張子が.suitのファイル

【.suit】はMacintosh Font Suitcaseファイル に使われる拡張子です。

Macintosh Font Suitcaseファイルとは、むかーしのMac、Mac OS 9.xの頃に使われていた、古のフォント形式です。老舗のフォントサイトなどではこのSUIT形式でフォントが配布されているものもまだまだあります。ダウンロードしたファイルが .sit(SIT形式)で圧縮されていたりすると、SUIT形式フォントである期待値も高いです。

SUITファイルをMacにインストールする方法

さて、こちらのSUIT形式のフォント。現在のMacではそのままダブルクリックしてもインストールできません。でも諦めるのはまだ早い!実は関連づけがされていないだけで、【Font Book】アプリでフツーに開くことができます。というわけで手順です。まずはここまで↓進みましょう

  • .suitファイルを副ボタンクリック
  • このアプリケーションで開く
  • その他

ここで【Font Book.app】を選択。ついでに「常にこのアプリケーションで開く」にチェックを入れておきましょう。次回以降もSUITファイルをFont Bookで開けるようになります。チェックしたら「開く」ボタンをクリック。

無事にフォントのインストールウインドウが表示されたら「フォントをインストール」しましょう。めでたしめでたし。

M1 MacでもSUITファイルをインストールできる?

できます!手持ちのM1 Mac(MacBook Pro 2021 M1 Pro / macOS Monterey)で実証済みですのでご安心ください。

まとめ

ここがポイント

check【.suit】という拡張子のSUITファイルは昔のMac、Mac OS 9.xの頃に使われていたファイル形式

checkFont Bookというアプリでインストールできます。拡張子の関連付けをしておきましょう

checkM1 MacでもSUITファイルをインストールできます

それではよきフォントライフを!