Microsoft Edge Mac 正式版リリース!Macでデフォルトブラウザとなりうるのか?試してみた

最終更新日 2020年1月17日

Windows 7サポート終了直後、ついにChromiumベースのMicrosoft Edgeがリリースされました。期待にあふれつつレビューします。

Chromiumベースとなった新しいMicrosoft Edgeをダウンロード

新しいMicrosoft Edgeのダウンロードはこちらから↓

アイコンも刷新された新しいEdge。

画面中央のボタンの右側の下向きアローマークから対応OSを選んでダウンロードできます。ここではMac版で説明します。

早速起動してみると、モダンなスタート画面が表示されました。Internet Explorer時代から格闘してきた身としては、大変感慨深いです。

Macのダークモード設定に合わせてダークテーマになってました

ちなみに、このスタート画面はシンプル画面にしたりニュースを表示したりとカスタマイズできます。

操作感はChromeとほぼ同じ

基本操作のキーボードショートカットはほぼChromeと同じで、Chromeを使い慣れている方は使い方に迷うことはありません。ユーザー視点では、やはりこうあってほしいと思います。ほんとうに嬉しいかぎり。

もちろんChromeと同じWebインスペクタが使えます

command + option + I で見慣れたWebインスペクタが使えます。もちろんChromeと同じものです。うーん。素晴らしい。

Chromeの拡張機能は…さすがに使えない模様

残念ながら?Chromeの拡張機能は使えません。Microsoft独自のストアから独自の拡張機能をゲットする必要があります。Chromeの拡張機能そのまま使えればいいのにな。

検索バーのデフォルト検索エンジンをGoogleに変えられる?

変えられます。詳しくはこちらで説明していますのでどうぞ。

ただし、スタート画面の検索バーはBing固定っぽいです。設定が見当たりませんでした。まぁ使わなければいいだけなので問題ないです。

まとめ。Chromium EdgeはMacのデフォルトブラウザとして使いたい?

結論から言うと、デフォルトブラウザはまだChromeだなーと思っています。理由はシンプルに拡張機能の差。

Chromeの魅力のひとつはやはり充実した拡張機能。これが使えないとなると今はわざわざMacで使う理由はないかなと思っています。

ただ、WindowsでEdgeが開いてしまう場合などにも、Chromeとほぼ同じ使い勝手で、使い方で面食らうことがなくなったのが救いだと思います。

VSCodeといい、Teamsといい、Todoといい今のMicrosoftはイケてますね!

SafariもChromiumになったらいいのにな。さようなら!