WordPress カスタマイザーで追加CSSが更新できないときの対処法

WordPressのリアルタイムカスタマイズのネ申機能のひとつ「追加CSS」。しかし、以下のようなメッセージが出て更新できないことがあります。

何かうまくいかなかったようです。時間を置いてもう一度お試しください。

困ったもんですね…。でも、諦めないでください!ここで紹介する手順で解決できるかもしれません。

レンタルサーバーのセキュリティ設定が原因かもしれない

僕は「ロリポップ」というレンタルサーバーにてこの現象に遭遇しました。

結論からいうと、ロリポップのWAF設定を無効にすると解決します。WAFとはウェブアプリケーションファイアウォールといって、サイトへの不正侵入や改ざんなどを防ぐセキュリティ機能です。

通常は有効にしておくべきですが、ときにこういった、自分もデータが更新できないこともあったり、なかったり。

以前、別件でWordPressのプラグインのデータが更新できないトラブルがあったんですが、そのときがまさに「ロリポップのWAF設定」の影響だったので、それを思い出しやってみたところ無事更新ができました。というわけで、ロリポップのWAFを無効にする手順をご紹介します。

ロリポップのWAFを無効にする手順

ロリポップへログイン後、左のメニューから「WAF設定」を選択し、WAF設定画面を開きます。

ドメイン一覧から、CSSを変更したいドメインを探し「設定変更」の欄の「無効にする」ボタンをクリックします。

「設定状態」の欄が「無効」になったらOK。設定変更後、反映に5〜10分くらいかかるので注意です。

10分くらい待ったら、あらためてWordPressの追加CSSのカスタマイズ画面へ行き、CSSを修正し「公開」ボタンを押しちゃいましょう。

もしダメだったら、もう1〜2分待ってまた押すべし。

無事更新完了!

最後にもう一度ロリポップの編集画面へ戻ってWAFを有効にしてください

最後にもう一度ロリポップの編集画面へ戻ってWAFを有効にしてください

いちおう2回言っておきました。これにて完了です!

というわけで以上です。この記事がお役に立てたら幸いです。それではまた。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。