ぷー子のLINEスタンプ第1弾発売中

どうも。鍵とか財布とかすぐどっかいく人です。iOSの「探す」アプリでiPhoneやiPad、Mac、AirPodsなどのデバイスをかんたんに見つけることができるのに慣れてしまうと、位置情報をもたない鍵とか財布を根性で探す精神的コストに僕はもう耐えられません。

というわけで、紛失防止トラッカーApple AirTagをカバンに忍ばせたりして使っていますが、今回ついに!待ちに待ったEufy (by Anker) の紛失防止トラッカーが登場。実際の使用感やAirTagとの比較を交えながらレビューです。

Eufyとは

Eufy(ユーフィー)とは、モバイル充電器メーカーの最大手「Anker」のサブブランドで、家電やセキュリティ製品などをリリースしています。Ankerファンの僕は、Eufy製品もたくさん使ってきました。Anker傘下ということもあり、信頼性の高い製品たちで、わが家ではとても活躍しています。

Eufy公式サイト

比較されし者たち

この記事で登場するのは以下の2つです。

  • Eufy Security SmartTrack Link
  • Apple AirTag

まずは今回の主役、Eufyの紛失防止トラッカー。iPhoneやiPadなどのように、カバンや鍵、財布などをスマートフォンを使って見つけることができようになる、僕のようにモノをなくすプロ垂涎のアイテムです。

お次はApple謹製の「AirTag」。いかにもAppleらしいデザインで、もちろんiOSとの親和性も抜群。

Apple AirTag

Apple AirTag

3,896円(11/25 16:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

僕はAirTagの代替としてこのEufy Security SmartTrack Linkのリリースをめちゃめちゃ心待ちにしていました。その理由は、SmartTrack LinkはiOSの「探す」アプリで直接探すことができるらしい、ということ。

iPhoneユーザーの僕としては、やっぱりiPhoneやiPadと同じように「探す」アプリで探せるのがベストです。というわけで、お試し購入してみました。まずはEufy Security SmartTrack Linkを実際に使ってみて感じたメリット・デメリットを挙げてみたいと思います。

Eufy Security SmartTrack Linkのいいところ1 -「探す」アプリに直接登録できる

iPhoneユーザーの僕がAirTag以外のサードパーティーの紛失防止トラッカーを使うにあたって絶対に外せなかったのが、iOS標準アプリの「探す」アプリで探せること。Security SmartTrack Linkは「探す」アプリにバッチリ対応していて、ほかのApple製品やAirTagと一緒に「探す」アプリで見つけることができます。

登録も簡単。以下の手順で進めます。

  • 「探す」アプリを開く
  • 持ち物を探す タブ
  • + マーク
  • その他の持ち物を追加

iPhone側でトラッカーの検索が始まるので、SmartTracker Linkの本体を、音が鳴るまで2秒長押し。すると、iPhoneとの接続が完了します。

検索中にSmartTracker Link本体を2秒長押しで接続できる

接続後は持ち物の名前やアイコンをカスタマイズできます。僕は今回、SmartTracker Linkを鍵に使ってみましたので、名称を「カギ」、絵文字も鍵っぽいものにしてみました。

キーケースに入れてみました

ちなみに僕はキーケースをなくさないようにいつも派手なものを選んでいます。チャムスのコインケースのを気に入って使っています。

[チャムス] メンズ小銭入れ Recycle Key Coin Case Dino Jr

[チャムス] メンズ小銭入れ Recycle Key Coin Case Dino Jr

1,700円(11/25 10:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

はい、こんな感じであっという間に、AirTagと同じように「探す」アプリにしっかり登録されました。やったね!

というわけで、早速カギをなくしてみました!

ソッコー「探す」アプリから即時通知が来て、鍵が手元から離れたことを知らせてくれました。鍵の在処をGPSで見ることができるだけでなく、サウンドを鳴らすこともできます。これならもう、なくし物プロフェッサーの僕でもそうそうなくすことはできません。

サウンドも鳴らせる

もちろん「探す」アプリからSmartTracker Linkのサウンドを鳴らすこともできます。近くにあるのに見つからない…なんてときにも見つけやすいですね。

Androidは専用アプリで

もちろん、専用アプリ Eufy Security に登録して使うこともできます。Androidユーザーの方や監視カメラなどほかのEufy セキュリティ製品を使っている方はこちらにも登録しておいてもよいと思いますが、専用アプリなしでも使うことができるのが素晴らしいと思います。

ここがポイント

checkSmartTracker LinkはiOSの「探す」アプリにかんたん登録して使える!

checkもちろんサウンドも鳴らせる!

Eufy Security SmartTrack Linkのいいところ2 – ストラップホールがついてる

本体に穴が空いてい流ので、AirTagのような専用ホルダーがなくてもキーホルダーなどの持ち物に直接くっつけることができるのもいいですね。

といいつつ、僕は上記のキーケースを使っているので、そのままケースのポケットに入れています。

ここがポイント

checkSmartTracker Linkは専用ケースなしでキーホルダーにつけられる!

Apple AirTag と Eufy Security SmartTrack Link。徹底比較

というわけで、本家AirTagとの違いを比較していきたいと思います。

本体サイズと重さを比較

メーカー仕様によると、AirTagは31.9 x 31.9 x 8 mm、SmartTracker Linkは37 x 37 x 6.5 mmとなっています。

実際に並べて比較してみるとこんな感じ。縦横はAirTagがひと回り小さいのがわかります。

厚みはAirTagの方がちょっと厚くて、SmartTracker Linkの方が少し薄いです。

ちょっとぼやけたけどSmartTracker Linkの方が薄い

次に重さ。メーカー仕様によると、AirTagは11g, SmartTrack Linkは10g。ほぼ誤差程度の違いですね。

ここがポイント

checkAirTagの方がちょっと小さくて厚い

check重さは11g / 10g とほぼ同じ

電池交換を比較

電池はいずれもCR2032というボタン電池。100円ショップとかで2つで100円で買えます。

AirTagはかんたんに開けることができますが、SmartTracker Linkの方は、写真の位置に爪を入れて開ける感じ。フタが薄いプラスチックなので壊しそうでちょっと怖かったです。

ここがポイント

checkどちらもCR2032 交換式 寿命は1年

checkAirTagの方が交換しやすい

まとめEufy Security SmartTracker LinkはAirTagの代替として使える??

Apple AirTagEufy Security SmartTrack Link
iOS「探す」アプリ対応iOS「探す」アプリ対応
11g10g
31.9 x 31.9 x 8 mm37 x 37 x 6.5 mm
電池: CR2032 約1年電池: CR2032 約1年
IP67IPX4
¥4,587¥2,990
まとめ

check基本性能はほぼ同じ。どっちもiOSの「探す」アプリで使える

checkAndroidユーザーならSmartTracker Link一択。

checkSmartTracker Linkの方がちょっと薄い

checkSmartTracker Linkは専用ホルダーなどなくてもキーホルダーにつけられる

checkSmartTrackerの方が安い

checkAirTagの方が電池交換がラク

checkAirTagの方が防水性能が高い

というわけで、Eufy Security SmartTracker Linkは、期待どおりの性能で、充分にAirTagの代替として使えると僕は思います!さすがはApple製品との親和性が高いAnker傘下のEufyといったところですね。それではよき忘れ物のない生活を!