印刷物の文字を一瞬でテキストデータにしてしまうiPhoneアプリがすごすぎる!

そこの壁に貼ってあるWi-Fiのパスワード、コピペしてぇ〜!

いつの日からか、そんなことばかり考えるようになってしまいました。そして、今やそれが簡単に叶う時代なんです。ほんの10年前くらいには考えられなかったことですね。

というわけで壁のWi-Fiパスワードだけでなく、チラシなどの印刷物の文字もかなりの精度でデータ化してくれる、ヤバいiPhoneアプリがあります。

それが一太郎Pad。

一太郎Pad
仕事効率化, ユーティリティ無料iOSユニバーサル

たとえばこんなチラシで試してみましょう。

一太郎Padで写真を撮って、必要なとこだけトリミングして。今回は試しにページ全体を取り込みます。

さて、こんなあんばいでデータ化できました。精度すご!

かなり細かい文字まで、正確にデータ化されています。

せっかくなのでもうひとつ。こんなフォントもバッチリ読み取ってくれました。さすがにすごいと言わざるを得ない。

というわけで、壁に貼ってあるWi-Fiパスワードのコピペが遂に現実のものとなったのです!一太郎Padさんまじぱねぇっす。

20年の時を越えて一太郎復活!そんな感傷に浸ってしまいました。それでは。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。