劇的進化したキーボードがヤバいMacBook Pro 16インチ アンボックスとファーストインプレッション

やっと買いました。MacBook Pro 16インチ。もうずっと使ってたMacBook Pro 13インチ Early 2015から5年ぶり通算9台目のMacとなりました。早速アンボックス、そして触ってみての感想となります。

買ったMac

MacBook Pro 16インチ 2019年モデル スペースグレイ
Core i7 6コア / 16GB RAM / 512GB SSD / 5300M 4GB

主な作業はAdobe Illustratorとかwebpackとか。そして動画編集。

下位モデルとはいえ、これまで使ってたMac(MacBook Pro 2015)からしたらモンスタースペックです。

開封のようす

ド派手なマーブル壁紙Macが映った化粧箱。

充電アダプタは97W。残念ながらウチのAnkerの60Wの充電器ではパワーが足りず充電できませんでした。 充電速度は遅いけどできました

MacBook Pro 16インチの外観

これ以上ないシンプルなフォルム。

Thunderbolt3 x 4。右にも充電ケーブルさせるのがほんと素晴らしい。

フタを開けたら勝手にディスプレイがつきました。スリープ状態で出荷しているのでしょうか。電源入れる手間が省けました。

MacBook Pro 16インチ 大きく進化したキーボード

このキーボードのために買ったと言っても過言ではありません。打ちやすさといい、打鍵音の静かさといい文句なしの性能です。

Touch Bar
Touch ID

物理キーとなって復活した esc

物理escキー

凸型のカーソルキーも復活。手探りで打ちやすくなりました。

凸型カーソルキー

MacBook Pro 13インチ Early 2015と 16インチMac外観比較

5年前に最新だったMacと外観を比べてみました。画面サイズが違うのでアレですけど。

まず、Appleマークが「光らないマーク」に変わりました。さらにマークが2まわりくらい小さくなっていますね。より高級感が増した感じです。

厚さは若干薄い感じでしょうか。まぁほぼ同じです。

見よ!このトラックパッドの大きさの差を。2倍くらいあるんじゃないだろうか。トラックパッドはMacの要なので、この大きさは嬉しいかぎり。

16インチMacのアイデンティティとも言える狭ベゼル。比べるとかなり狭くなっているのがわかります。

iPad Pro のように均一幅ではなく、またディスプレイも角丸ではありません。

キーボード比較。キーストロークは従来のものより少し低い感じです。バタフライキーボードより少し高いと思います。個人的にはこのくらいがちょうど打ちやすい感じです。

MacBook Pro 16 2019のキーボード
バタフライキーボードからさらに発展を遂げたMacBook Pro 16インチのキーボード。打鍵音も静かで、ストローク幅もちょうどよい
MacBook Pro 2015のキーボード

MacBook Pro 16インチをちょっと触った感想

5年でここまで変わるか、というくらい劇的な進化を遂げたと感じました。

画面の反射も少なく見やすいし、キーボードは文句なしにすばらしい。16インチのディスプレイは壮観。これまで13インチで無意識のストレスをどれだけ感じてきたのだろうか。

SideCarでiPadをもめちゃくちゃ簡単にサブディスプレイにできてしまうのも実に便利。

重さ2.0kgはなかなかですが、それでもこのハイパースペック環境を持ち運べる利便性と感動の方がずっと大きいです。

もうひとつ問題があるとすれば、それはiPad Pro 11インチすらなんか小さく感じはじめてしまったことでしょうか。ではまた!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Takashi Fujisaki

10年の音楽制作屋さんを経て、2010〜 Webデザイン / フロントエンドエンジニア / ブロガーとして活動しています。WordPressテーマ・プラグイン制作やちょっとしたアプリ開発など。Appleと自転車とラーメンが好き。